SMBCモビットの審査をやってる保証会社ってどこ?借入の影響を解説

カードローンの利用が初めての方は、保証会社について分からないかもしれませんが、申込みにあたって必要になる知識です。

保証会社は、簡単に言うと利用者に代わって支払い義務の保証を請け負う会社のことです。

保証会社があるカードローンに申し込むと、カードローン会社と保証会社の2つの審査を受けることになります。

逆に保証会社がなければ、申し込んだカードローン会社の審査だけを受けることになり、融資までの時間も早くなります。

ここでは、SMBCモビットの保証会社の基本についてまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

SMBCモビットの保証会社はどこ?

SMBCモビットの保証会社がどこかと気になるかもしれませんが、SMBCモビットは、保証会社がないカードローンです。

SMBCモビットに保証会社がないメリットは、審査が迅速になることと保証会社に支払う保証料がないことです。

保証会社がないことによるデメリットは、カードローンの利用者の側では何一つありません。

保証会社がなくてSMBCモビットが困ることはあっても、利用者が困ることはないということです。

ただし、保証会社がないからといって、借入れしたお金の返済が甘くなるわけではありません

約束どおりにSMBCモビットに返済しなければ、それなりのペナルティーがあることだけは忘れないようにしましょう。

 

保証会社の役割ってなに?

保証会社の役割は、借入れをした本人がお金を返さなかった場合に、本人に代わってカードローン会社に支払いを行うことです。

一見すると、借金の返済ができなくなったときに「保証会社が代わりに返済をしてくれる」と考え、保証会社があったほうが良いと思うかもしれませんが、そういうものではありません。

仮に保証会社が本人に代わって返済をした場合は、保証会社から借入残高の全額について一括請求を受けることになります

つまり、保証会社による代わりの返済(代位弁済)が行われると、借金の返済を保証会社にすることになり、しかも借金の全額を一括で支払わなければならなくなるということです。

 

保証会社は審査を委託されている

保証会社は、カードローンのサービスを提供している金融機関に代わって、審査を代わりにするという役割があります。

保証会社を利用している金融機関の多くは銀行ですが、銀行は、カードローンのサービスを提供してきた実績が多くはありません。

つまり、銀行は、申込者に対する返済能力の調査を独自で行うことができないので、保証会社に審査をしてもらい、その結果に応じて融資を決めているという実情があります。

厳密には、保証会社に審査を委託しているわけではありませんが、保証会社が保証できない申込者に対しては、融資をしない方針の銀行がほとんどです。

 

保証会社は申込者の保証人となる

保証会社は、カードローンに申込みをした本人の保証人のような立場になります。

しかし、一般的な借金の保証人とは異なり、より厳しく法律上の手続きを進めてくる点に特徴があります。

保証会社が本人に代わって借金の返済を行うと、直ちに借入残高の全額について、一括で返済するように求めてきます

さらに、カードローンの利用者が返済に応じなければ、給与の差押えなどの強硬的な手段をとってきます。

つまり、カードローンでお金を借りた人にとっては、保証会社が本人に代わって返済することは、直ちに強制執行が行われる危険性が生じることになります。

裁判所の手続きも容赦なく行われますので、お金を借りた本人は、非常に苦しい立場に追い込まれます。

 

よく見かける金融機関の保証会社はどこ?

保証会社について理解するには、他のカードローンの保証会社がどのようになっているのかを確認することで分かります。

大手の消費者金融や銀行カードローンがありますが、それぞれの保証会社を調べることで、金融機関の特徴も理解できるようになります。

 

大手消費者金融の保証会社

大手の消費者金融では、保証会社をつけてサービスを提供しているケースはありません

保証会社なしで融資を決めているのが、大手の消費者金融であるという見方もできます。

大手の消費者金融が保証会社をつけていないのは、分かりやすくいうなら付ける必要がないからです。

大手の消費者金融は、過去の膨大な融資の実績がありますので、独自のデータベースを元に正確な審査が行えるからです。

大手の消費者金融にプロミスやアコム、シンキなどがありますが、どの会社も自らが保証会社になることはあっても、保証会社をつけて融資をしているケースはありません。

大手の消費者金融は、どれも審査が迅速に行われていますが、その理由の1つに保証会社の審査がないということがあげられます。

 

銀行カードローンの保証会社

銀行カードローンは、ほとんどのケースで保証会社を付けた融資を行っています。

例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローンでは、消費者金融のアコムが保証会社となっています。

同様に三井住友銀行カードローンもSMBCコンシューマーファイナンスという会社が保証会社をしています。

SMBCコンシューマーファイナンスは、カードローンのプロミスのことです。

つまり、銀行カードローンは、大手の消費者金融と提携を行い、カードローンのサービスを提供していることになります。

一般に銀行カードローンの金利が低く設定されていますが、消費者金融の客層と銀行の客層を分けるという意味合いがあります。

低金利でも融資できる優良な借り手は銀行で、金利が高くなければ融資できない借り手に対しては、消費者金融から融資をするという方針があると推測できます。

 

銀行が保証会社を利用する理由は?

銀行が保証会社を利用している理由は、正確な審査をすることが困難であることと、不良債権を出したくないという思惑があるからです。

まず、上でも説明しましたが、ほとんどの銀行には、カードローンによる融資の実績が多くありません。

きちんと返済ができるかどうかを自社で確認できない以上、大手の消費者金融の審査に頼らざるを得ません。

大手の消費者金融を保証会社にすれば、消費者金融は保証料で稼ぐことができ、銀行は、より正確な審査ができるというメリットが生じています。

また、銀行は、自社のイメージをクリーンに保つため、返済できなかったという事例を出したくないと考えます。

保証会社をつければ、返済が困難になった利用者の債権を保証会社に丸投げできるので、帳簿上の不良債権を増やさずにすみます。

 

SMBCモビットは保証会社になっているの?

現在のところ、SMBCモビットが別会社の保証会社になっているというケースはありません。

SMBCモビットは、三井住友銀行グループの会社ですが、つい住友銀行に関するカードローンで保証会社が必要になったときは、親会社のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社となっています。

 

保証会社の有無で総量規制は変わる?

保証会社があるかどうかで総量規制が決まるということはありません。

保証会社は、金融機関のリスク分散や審査の適正化に関するものであり、融資の上限額を法律で決める総量規制とは無関係のものです。

ただし、消費者金融のほとんどに保証会社がなく、銀行カードローンの多くに保証会社があるので、保証会社があるカードローンは総量規制対象外になっている傾向があります。

保証会社がなければ総量規制の影響があり、逆に、保証会社がついていれば総量規制の対象外として捉えておいても問題ありません。

なお、総量規制対象外だからといって、過剰な融資に期待するのは危険です。

総量規制の対象外であっても、返済できるかどうかをしっかり確認してから利用するようにしましょう。

 

保証会社の有無で審査の難易度は変わる?

審査の難易度については、保証会社があるかどうかとは、基本的には関係ありません。

保証会社があるカードローンは、保証会社と金融機関との2回の審査を行っていますが、審査の難易度とは関係がないものです

分かりやすく言うと、審査に通る人は2社の審査に通りますし、そうでない場合はどちらの審査にも落ちるということが多くなっているということです。

ただし、融資が認められるかどうかのボーダーラインにある人は、どちらかの審査に通り、もう片方の審査に落ちるということもないわけではありません。

融資が認められるかどうか微妙だと思う方は、審査が1回しかない消費者金融のカードローンを選んでみてはいかがでしょうか

 

保証会社を使っていないSMBCモビットで借りても他社に影響ない?

SMBCモビットから借入れした場合に、他社の借入で影響があるかどうかは保証会社があるかどうかとは関係ありません。

基本的には、SMBCモビットから借入をすれば、必ず影響があると考えられます。

まず、SMBCモビットから借入れをしても他社のローンに影響がないケースというのは、超がつく大金持ちで、無尽蔵に融資が受けられる人だけです。

それ以外の人は、SMBCモビットから借入れをすれば、その分だけ毎月返済できる金額が少なくなってしまいます。

毎月の返済に充てられるお金が少なくなればなるほど、返済能力に問題が生じてくるのは当然のことです。

また、SMBCモビットは、総量規制の影響があるカードローンです。

借入れをした分だけ総量規制の上限額に近づいてきますので、他の消費者金融からの借り入れという意味では、非常に大きな影響があると考えられます。

 

保証会社より信用情報が重要!

カードローンの審査では、保証会社があるかどうかよりも信用情報機関に登録されている、あなたの信用情報の方が重要な意味を持ちます。

信用情報は、過去の金融機関との取引における、あなたの信用に関わる個人情報のことです。

あなたに信用があり、返済能力があるかどうかは、信用情報機関に登録されているデータを確認すれば、すぐに分かります。

保証会社が気になるかもしれませんが、それ以上に自分の信用情報について意識を向けるようにしてください。

 

信用情報機関とは?

信用情報機関というのは、個人が金融機関と取り引きをした際の信用に関わる情報を集めている会社のことです。

過去にどの金融機関とどんな契約をしたのか、契約をした後に約束どおりに返済ができているのかなどの情報が集められています。

日本では、国が指定する信用情報機関が3社あり、主にこの3社についてのみ信用情報機関ということもあります。

国から指定を受けているのは、株式会社シーアイシーと株式会社日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターの3つです

それぞれの信用情報機関では、主に消費者金融を会員にしているとか、クレジットカード会社が会員になっているなどの特徴があります。

ここで、「過去にクレジットカードで延滞したけど、消費者金融の申込みなら大丈夫」と考える人もいますが、大丈夫ではない事情があります。

それぞれの信用情報機関に登録されている情報は、相互に共有されています。

つまり、銀行と取引した情報についても、CICや日本信用情報機構で確認できますし、その逆もできるということです。

 

信用情報が重要な理由ってなに?

信用情報機関に登録されている信用情報が重要だと言われるのは、2つの意味を持ちます。

まず、信用情報機関に登録されている情報は、SMBCモビットの審査で大きな影響をおよぼしているからです。

他社からの借入れ状況や返済の状況に問題があれば、直ちに審査落ちになるということもあるほどです。

また、信用情報機関に情報が登録される期間が決められていますが、たった一度の延滞でも5年間記録に残るなど、長期にわたって影響が残ってしまいます。

つまり、たとえうっかりであったとしても過去に延滞をしてしまうと、その後、SMBCモビットなどの審査を受けるときに大きな問題になってしまうことがあります。

とくに、過去に自己破産をしたことがある場合には、最長で10年間、信用情報機関のデータベースに記録が残り、クレジットカードの申込みやカードローンの申込みができなくなることもあります。

信用情報機関に登録されている情報は、個人情報の開示請求手続きをすれば自分で確認できます。

登録されている情報に問題があると思われるときは、自分の情報を確認してから審査を受けるようにする、というのもいいと思います。

 

信用情報に情報が保存される期間

信用情報機関に信用情報が登録される期間は、情報ごとに異なっています。

信用情報機関ごとに若干の違いもありますが、ローンの延滞などの金融事故は、概ね5年間、記録に残されることが多いです。

また、カードローンの申込みなどの申込みをした事実については、申込みから6ヶ月を目処に情報が削除されています。

短期間で複数社のカードローンに申し込むのが良くないと言われるのは、信用情報機関に申込みをした記録が残されているからです。

なお、SMBCモビットを利用中に別会社のローンの返済で延滞をしてしまうと、カードの限度額が引き下げられることがあります。

カードローンの申込みのときだけでなく、常に自分の信用情報に気をつけるようにしておくことが、その後のローンの申込みで役に立つことになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました